より正確・精密な治療を実現する「歯科用顕微鏡」

重度の虫歯に行う根管治療や顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療など、歯科治療には非常に細かな作業が要求されます。こうした治療は、ミクロン単位のズレが大きなトラブルにつながるおそれがあり、肉眼では限界があります。そこで活躍するのが、医療用の電子顕微鏡「歯科用顕微鏡」です。

歯科用顕微鏡を使用すると、患部を肉眼の数十倍にまで拡大して確認できるため、治療の正確性・精密性が大幅に向上します。友和デンタルクリニックでは、歯科用顕微鏡を導入することで治療の安全性・確実性を高めています。

なぜ歯科用顕微鏡が必要なのか

口腔内は狭く暗いだけでなく、患部は非常にせまいため、肉眼での確認には限界があります。従来の歯科治療では、見えない部分は医師の経験と勘で処置していましたが、確実とは言えませんでした。

歯科用顕微鏡を使用すると、患部を拡大できるだけでなく光を照射することもできるため、従来は見えなかった部分までしっかり目視しながら治療ができます。

歯科用顕微鏡を使うメリット

メリット01.目視しながら確実に治療できる

歯科用顕微鏡によって患部を照らしながら拡大して確認できるようになるため、経験や勘に頼った治療をする必要がなくなり、安全性が向上します。

メリット02.従来はできなかった治療ができる

従来は患部をしっかり確認できなかったため対処できなかった部分も、歯科用顕微鏡を使用すれば治療できます。

メリット03.見落としがなくなる

肉眼では見えないような細かな部分まで確認できるため、トラブルの原因を見逃すことがなくなります。そのため、再治療のリスクが減ります。

メリット04.痛みが抑えられる

治療によって削る部分が最小限で済むため、痛みや治療後の腫れを抑えることができます。また、ダメージが小さいため治りも早くなります。

このような治療で使用します

根管治療 肉眼では確認しきれない根管内の状態を正確に把握でき、正確な治療ができます。
インプラント治療 細かな部分までしっかり確認できるため、手術による余計なダメージを減らすことができます。
審美歯科 治療時に周りの組織を傷つけてしまうリスクを防げます。また、肉眼では確認できない歯垢や、歯の色に近いため見落とす可能性のある治療用のセメントの取り残しを防ぐこともできます。
定期検診 目視ではわからないほどの小さな初期虫歯や、詰め物・かぶせ物による問題の見逃しが減らせます。

歯科用顕微鏡を使った虫歯治療

歯科用顕微鏡を使うことで歯を最小限に削っていくことができます。

虫歯を削り終わった後に歯面と充填するレジンとのなじみを良くするためのプライマーと呼ばれる液を塗布します。
そしてコンポジットレジン充填していきます。

  • ページトップへ戻る

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!