症例1 歯のヒビから虫歯になってしまった症例

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

他医院で虫歯治療をされた患者様でしたが、しばらくして再度痛みが出てきたため来院されました。
治療をしたところ、マイクロクラック(歯のヒビ)の下に虫歯がありました。マイクロクラックから虫歯が進行した場合、神経まで虫歯が進行してしまうこと多いです。
通常であれば歯を大きく削る必要がありますが、歯科用顕微鏡を使うことで歯を削る量を最小限に抑えることができました。

虫歯治療の流れ

STEP1 術前の状態

他医院で虫歯治療をし充填物をいれてある状態です。

STEP2 充填物の除去

虫歯の詳細を確認するために歯科用顕微鏡を用いて充填物だけを除去していきます。

STEP3 状態確認

充填物の除去し状態を確認するとマイクロクラック(歯のヒビ)から虫歯になってしまっていました。マイクロクラック(歯のヒビ)から虫歯が進行すると神経近くまで進行してしまっていることが多いです。

STEP4 虫歯除去

神経近くを削る必要があるため歯科用顕微鏡で見ながら慎重に虫歯を除去していきます。神経に感染しないようにラバーダムを用いてます。
持続的な痛みがある場合は、神経まで虫歯が達している可能性があります。その場合は神経を残せいないため感染させないようにラバーダムを用いて抜髄しますが、今回は神経まで達していなかったため歯科用顕微鏡で神経ギリギリまで削り治療いたしました。

STEP5 レジン充填

充填が不完全で隙間ができてしまうと、再び虫歯になってしまう(次は神経まで達してしまう可能性が高い)ため、隙間なく充填していきます。

STEP6 治療完了

通常であれば大きく歯を削ることになり、神経を抜く必要がありましたが、歯科用顕微鏡を使うことで最小限の侵襲で治療が終了しました。これで経過を見ていき痛みがでなければ型取りをしてセラミックで修復します。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る