症例3 2回法で神経を残した症例

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

2回法という虫歯治療です。1回目に神経に近い部分の虫歯を残して、神経を保護する薬剤をおき2回目に虫歯を除去したときに神経が見えてくるリスクが軽減します。通常であれば、神経をとり、歯を覆う金属冠を被せなければならない虫歯でも最小限の侵襲で治療ができます。

虫歯治療の流れ

STEP1 術前の状態

治療前 奥歯に虫歯があります。

STEP2 虫歯の除去

治療中 削っていくと中で虫歯が大きく広がっています。

STEP3 ラバーダム防湿

虫歯を染色しながら、虫歯だけを削っていきました。
虫歯を全部とると神経が見えてきてしまいます。
治療中の歯に唾液がつかないようにゴムのマスクをします。
ラバーダム防湿の第一の目的は、クリーンでドライな術野を設定することにあります。
※染色液によって赤色に染まっている部分が神経の近くに残っている虫歯です。
神経から離れている周りの虫歯は徹底的に除去します。

STEP4 貼薬・仮封

神経に近い部分の虫歯を残して、神経を保護する薬剤をおくことで、残った虫歯が一部硬化します。また、第3象牙質の形成も促されます。これにより、二回目に虫歯を除去したときに神経が見えてくるリスクが軽減します。さらに、その上をしっかりと蓋をすることにより再感染を防止します。

STEP5 リエントリー

6か月後に薬剤と残っている虫歯をとります。
残した虫歯の一部が硬化しているため、虫歯を完全に除去しても神経は見えてきません。

STEP6 治療完了

唾液がつかないようにラバーダム防湿をしっかりしてコンポジットレジンという樹脂の材料で詰めて治療終了です。
通常であれば、神経をとり、歯を覆う金属冠を被せなければならない虫歯でも最小限の侵襲で治療が終了しました。

虫歯が大きい場合、当院ではこのような治療をさせていただいておりますが、虫歯が小さい場合は、1回で終わる治療を選択させていただきます。何もしなくても痛みがある場合、虫歯の進行具合等で、神経を抜かせていただくこともありますので、ご了承ください。

※検査を受けて頂かないと治療法が適応できるかどうかの判断ができませんので、虫歯でお悩みの方はぜひ一度ご来院ください。
なお、神経の近くを処置する精密な治療のため、当日は検査や応急処置のみになります。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る