症例4 神経を残してセラミックで修復した症例

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

他医院での過去の虫歯治療時の詰め物が不適切だったために2次カリエス(虫歯)になってしまった患者様です。神経を残すために歯科用顕微鏡によって歯を削る範囲を最小限にし歯と同じ硬さのセラミックでできるだけ隙間なく修復しました。これで2次カリエス(虫歯)や歯根破折が起こりにくくなり、歯が長持ちする可能性が高くなったと思います。

虫歯治療の流れ

STEP1 不適合な金属の詰め物

虫歯治療後に不適合な金属の詰め物(メタルインレー)が入っています。隙間ができてしまっていて、そこから2回目の虫歯になってしまっています。歯にヒビが入ってしまっていて、そこから虫歯が進行してしまったと考えられます。(右の画像は歯科用顕微鏡による20倍の拡大画像です)

STEP2 虫歯の進行

虫歯の進行は神経近くまで及んでいました(ミラー像)。何もしなくても痛い、熱いものがしみる、咬むと痛いなどの症状がない場合は、虫歯が深くても神経を残せる可能性があります。

STEP3 神経の近くを封鎖

接着力の強い樹脂(コンポジットレジン)で神経の近くを隙間なく封鎖します。

STEP4 外形を削ります

歯科用顕微鏡で詳細を確認しながら隣の歯を削らないように慎重に滑らかなラインでセラミックの外形を削っていきます。

STEP5 セラミックインレー装着

綺麗に型取りをして精密なセラミックインレーが入りました。隙間なくセラミックが装着されています。20倍に拡大して見ても隙間なくセラミックが装着されていることが確認できます(右の画像)。

STEP6 治療完了

術前(左)と術後(右)の比較です。
基本的には、歯と同じ硬さのセラミックでできるだけ隙間なく修復することにより歯にヒビが入りづらくなり、2次カリエス(虫歯)や歯根破折が起こりにくく、歯が長持ちする可能性が高いと考えています。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る