症例5 MTMセメントを用いて神経を残した症例2

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

他医院での過去の虫歯治療時の詰め物が不適切だったために2次カリエス(虫歯)になってしまった患者様です。神経を残すために歯科用顕微鏡によって歯を削る範囲を最小限にし歯と同じ硬さのセラミックでできるだけ隙間なく修復しました。これで2次カリエス(虫歯)や歯根破折が起こりにくくなり、歯が長持ちする可能性が高くなったと思います。

虫歯治療の流れ

STEP1 術前

術前

STEP2 虫歯除去

歯科用顕微鏡を使いながら最小限の範囲で虫歯を除去していきます。

STEP3 深い虫歯の除去

深くにある虫歯を除去していくために虫歯の染色液塗布し確認します。神経が感染しないようにするためにラバーダムを用います。

STEP4 露髄 消毒・殺菌

露髄したところを消毒、殺菌します。

STEP5 MTMセメント充填

露髄した箇所にMTMセメントを慎重に充填していきます。

STEP6 神経の封鎖

接着力の強い樹脂(コンポジットレジン)で神経の近くを隙間なく封鎖します。

STEP7 術後

痛みが出なければ後日、型取りをして治療が完了になります。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る