症例6 不適合な詰め物により虫歯の再治療(2次カリエス)になった症例

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

他医院での過去の虫歯治療時の詰め物が不適切だったために2次カリエス(虫歯)になってしまった患者様です。今回は、詰め物(インレー)の下が大きな虫歯になっていましたが、症状がほとんどなかったため神経を温存する処置を行ないました。

虫歯治療の流れ

STEP1 術前

術前。詰め物が不適切だったために2次カリエス(虫歯)になってしまっています。

STEP2 詰め物除去

詰め物を除去すると大きな虫歯になっていましたが、症状がほとんどなかったため神経を保存する治療をすることにしました。

STEP3 深い虫歯の除去

虫歯を除去していくために虫歯の染色液塗布し確認します。神経が感染しないようにするためにラバーダムを用います。

STEP4 神経の封鎖

接着力の強い樹脂(コンポジットレジン)で神経の近くを隙間なく封鎖します。

STEP5 術後

経過をみて症状がでなければセラミック修復を行う予定です。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る