症例 不適合なインレー(銀歯)が原因で虫歯になってしまった症例

友和デンタルクリニックでの審美歯科治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

他医院で治療した不適合なインレー(銀歯)が原因で虫歯になってしまった症例です。
当院では歯科用顕微鏡を使うことで歯を削る量を少なくするだけでなく、隙間のないセラミックを入れることができています。

治療の流れ

STEP1 術前の状態

不適合なインレー(銀歯)。隙間があることで虫歯になってしまっていました。

STEP2 不適合なインレーの除去

歯科用顕微鏡を使いできるだけ健康な歯を削らずに不適合なインレー(銀歯)を除去していきます。

STEP3 虫歯の除去

虫歯を慎重に除去しコンポレットレジンで充填します。

STEP4 精密形成

精密な形成後に適合の良いセラミックを制作しました。

STEP5 プラークの除去

プラークを染め出します。一番接着に大事な歯とセラミックの境目にプラークが残存していました。プラークをブラシで除去後に粉を吹きつけて歯面をさらに綺麗にします。

STEP6 歯面にプライマーを塗布

唾液が絶対につかないように防湿を行なった後に歯面にプライマーを塗布します。

STEP7 セラミックの装着

試適のときにつく唾液や汚れを除去するためセラミックの内面を薬剤を使って綺麗にします。そしてセラミックプライマーを塗布後にセットします。

STEP8 セメントの除去

セメントが硬化する前にマイクロブラシであふれたセメントを除去します。硬化後にさらに細かくセメントを除去していきます。

STEP9 術後

術前術後の比較(右側が術前の状態)。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る