治療ブログ一覧|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

歯の神経を抜かないといけないのか?(大きな虫歯に対する歯髄診断)

歯の神経の近くまで進んでしまった大きな虫歯を治療する際には、神経を抜く(抜髄)か抜かないで治療ができるのか?歯医者の中でも意見が分かれることがあるので、歯の神経が痛んでいるかを調べる一般的な検査をまとめてみました。歯医者では、このような様々な検査を行なった上で総合的に抜髄か神経を温存するかを診断しま...

もっと見る

人生100年時代!歯の神経を取りたくない!

二次虫歯といって以前治療した被せ物や詰め物の下が、大きな虫歯になっていることがよくあります。虫歯が大きい場合は、ラバーダム防湿で唾液がつかずしっかりと乾燥できる状態で処置を進めていきます。無菌的な処置をおこなっていれば歯の神経が見えてきても生活歯髄切断法(バイタルパルプセラピー)を行えば、神経を温存...

もっと見る

人生100年時代!できるだけ歯の神経を抜かない治療を!

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使って行なった被せ物の下の2次虫歯の治療です。二次虫歯といって以前治療した被せ物や詰め物の下が、また虫歯になっていることがよくあります。痛みがない場合でも中が虫歯になっているため、神経近くまで虫歯が進んでいることが多いです。 メインテナンスに通われている方の歯が抜...

もっと見る

マイクロクラックからの2次虫歯(2次カリエス)

マイクロクラック(歯に入った亀裂)から虫歯になってしまうことがよくあります。マイクロクラックからの虫歯は深いため神経の近くまで進んでいることが多いので慎重に治療しなければなりません。歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することで、できるだけ健康な歯や神経を残して虫歯だけをとることができます。このよ...

もっと見る

歯を傷つけないクリーニング(エアフローと超音波スケーラーによる着色除去の比較)

エアフロー(歯面を傷つけない硬さのパウダーを吹き付けて着色を除去する機械)と一般的に歯科医院で使われている超音波スケーラーでのクリーニングを比較してみました。エアフローを使用すると細かいところまで綺麗に着色が取れますが、超音波スケーラーでは着色が残ってしまいます。歯に響く振動も超音波スケーラーでは大...

もっと見る

  • ページトップへ戻る