上顎7番の歯髄壊死を直視で治療する|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

上顎7番の歯髄壊死を直視で治療する

2019/5/19

患者様の開咬量にもよりますが、上顎の大臼歯部であってもミラーテクニックではなく直視で治療できることがあります。まずは直視でトライして見えない部分はミラーテクニックに切り替えて治療を進めると早くて良い治療ができます。この症例は、すでに歯髄壊死が起こっており神経の保存ができませんでした。天蓋を落としていくとこのように歯髄腔が空洞になっており、完全に血流がなくなっているのがわかります。治療の参考になれば幸いです。
  • ページトップへ戻る