大きな虫歯でも神経を温存する2回法(ステップワイズエキスカベーション)|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

大きな虫歯でも神経を温存する2回法(ステップワイズエキスカベーション)

2019/10/28

虫歯を取りきると神経が見えてきてしまうぐらい大きなカリエスの場合は、2回法(ステップワイズエキスカベーション)で対応することがあります。半年前は、軟らかった歯質も改めてアプローチすると露髄することなく、健康な硬い歯質に樹脂の材料を充填することができました。比較的若年者が対象と言われていますが、このような方法で神経を温存できることがよくあります。術前の診査診断がとても重要になってきますが、神経をとらないといけないぐらい大きな虫歯で痛みや症状のない歯にはとても有効な方法です。回数や時間はかかりますが、抜髄を避けられればクラウン(被せ物)ではなく、インレー(詰め物)で対応できることが多いため、時間と費用をかける価値がある治療だと思います。当院は、池袋駅から徒歩4分。http://www.yu-wadental.com/
  • ページトップへ戻る