虫歯治療で神経が見えてもMTAセメントで歯髄保存|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

虫歯治療で神経が見えてもMTAセメントで歯髄保存

2019/10/24

虫歯を除去して神経(歯髄)が見えてきた場合には、マイクロスコープ下で健康な歯髄が出てくるところまで炎症性の歯髄を除去します。必ずラバーダム防湿を行い、感染歯質も徹底的に除去します。炎症がない歯髄は自然に出血が止まるので、マイクロスコープで健全な歯髄か炎症性の歯髄を見極めます。その後、MTAセメントで直接覆髄してから樹脂の材料で充填します。経過観察を行い、必要があれば補綴修復治療で終了です。当院は、池袋駅から徒歩4分。http://www.yu-wadental.com/
  • ページトップへ戻る