2回法(ステップワイズエキスカベーション)|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

2回法(ステップワイズエキスカベーション)

2018/4/26

軟化象牙質を取りきると神経が見えてきてしまう大きなカリエスの場合は、2回法(ステップワイズエキスカベーション)で対応することがあります。術前に歯髄診断を行ったところ、自発痛(−)打診痛(−)冷刺激(±)温刺激(−)でした。マイクロリケージを防ぐため、エナメルー象牙境のカリエスは徹底的に除去し、歯髄に近い部位のう蝕はエキスカベーターで簡単に取れるところのみ除去しました。神経に近い部分には、テンポラリーセメントのソフトを塗布してコンポジットレジンで辺縁漏洩が起こらないように充填を行ないました。この症例では、6ヶ月後にリエントリーを行いましたが、残存していた軟化象牙質をエキスカで除去しても露髄することなく、硬い歯質にコンポジットレジンを充填することができました。経過観察後に印象採得を行い、セラミックのインレーを装着します。当院は、池袋駅から徒歩4分。http://www.yu-wadental.com/

  • ページトップへ戻る