治療ブログ一覧|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

正常な歯髄組織を観察する

どのような状態の神経は残せて、逆にどのような状態であれば抜髄が適応なのかを判断するためには正常な歯髄組織像を知っておくことが大切です。有名なリクウチ先生の著書では、神経に達していない虫歯でも神経に炎症が起きていると組織標本とともに解説されています。つまり全く問題のない歯の抜髄や生活歯髄切断法を行った...

もっと見る

大きなカリエスに対する2回法(ステップワイズエキスカベーション)1回目

南池袋にある友和デンタルクリニックで歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使って行なった虫歯治療を紹介させて頂きます。軟化象牙質を取りきると神経が見えてきてしまう大きなカリエスの場合は、2回法(ステップワイズエキスカベーション)で対応することがあります。1回目の治療では、露髄しない部分やエナメル象牙境付...

もっと見る

大きなカリエスに対する2回法(ステップワイズエキスカベーション)2回目

軟化象牙質を取りきると神経が見えてきてしまう大きなカリエスの場合は、2回法(ステップワイズエキスカベーション)で対応することがあります。今回は、6ヶ月後にリエントリーを行いました。残っていた軟化象牙質をエキスカで除去しても露髄することなく、硬い歯質にコンポジットレジンを充填することができました。この...

もっと見る

隣接面カリエスへの対応

隣接面カリエスは患者さんに説明しても痛みなどの自覚症状がない場合、本当にカリエスなのかどのくらい大きかったのかご理解頂けないことがあります。しかし、マイクロスコープの動画をお見せすると細かく説明しなくてもすぐにご理解頂けるのでお勧めです。またマイクロクラックやプラークをお見せすることでカリエスの原因...

もっと見る

2回法(ステップワイズエキスカベーション)

軟化象牙質を取りきると神経が見えてきてしまう大きなカリエスの場合は、2回法(ステップワイズエキスカベーション)で対応することがあります。術前に歯髄診断を行ったところ、自発痛(−)打診痛(−)冷刺激(±)温刺激(−)でした。マイクロリケージを防ぐため、エナメルー象牙境のカリエスは徹底的に除去し、歯髄...

もっと見る

  • ページトップへ戻る