治療ブログ一覧|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

MTAセメントを使用した直接覆髄

虫歯を除去して神経(歯髄)が見えてきた場合には、マイクロスコープ下で健康な歯髄が出てくるところまで炎症性の歯髄を除去します。直接覆髄を行う際は、術前診断が重要になります。この症例では、術前に歯髄診断を行ったところ、自発痛(−)打診痛(−)冷刺激(±)温刺激(−)でした。炎症がない歯髄は自然に出血が...

もっと見る

マイクロスコープを使用した再根管治療の流れ

再根管治療を行う際は、虫歯菌や唾液中の細菌が根管内に入ることを防ぐため既存の補綴物とコアを健康な歯質をできるだけ残すように丁寧に除去した後、徹底的に虫歯を除去します。支台をコンポジットレジンで盛り上げ、仮歯をグラスアイオノマーセメントで合着します。仮歯の咬合面から穴を開けてラバーダム防湿を行うとクラ...

もっと見る

マイクロスコープ下で行った生活歯髄切断法

他院で次回に抜髄を行うと伝えられた患者様です。電気診にも反応し、冷温診(−)、打診(−)でしたので患者様の要望により神経を温存する処置を行いました。虫歯を除去して神経(歯髄)が見えてきた場合には、マイクロスコープ下で健康な歯髄が出てくるところまで炎症性の歯髄を除去します。炎症がない歯髄は自然に出血が...

もっと見る

ジルコニアクラウンの適合

最後方臼歯をクラウンで補綴する際に審美性を求める場合は、ジルコニアクラウンを選択しています。今回は、適合の良いジルコニアクラウンを装着することができました。現在では、様々なCAD/CAMセンターがあり、数日でジルコニアを削り出してもらえますが、技工料が安すぎるところのものは削り出すバーを節約していた...

もっと見る

親知らずの手前の歯の遠心のカリエス処置

下顎の8番を抜かずにいると7番の遠心がカリエスになってしまうことがよくあります。とくに遠心は治療が難しく縁下カリエスになっていることも多いため、問題が起きる前に親知らずの抜歯を勧めています。移植のドナーとして利用する場合もあるので総合的に判断していきます。今回は、処置の難しい虫歯をマイクロエキスカで...

もっと見る

  • ページトップへ戻る