治療ブログ一覧|池袋の歯医者・歯科医院なら「友和デンタルクリニック」

隣接面を含む2次カリエスへの対応

隣接面を含むインレー修復治療の2次カリエスにはよく遭遇します。臨床症状が出てからだと抜髄になってしまうケースが多いので、患者様に説明して症状が出る前にアプローチすることが多いです。とくに小臼歯部のインレー修復の2次カリエスをは歯が扁平しており、露髄しやすいので注意が必要ですが、通法通りインレーを除去...

もっと見る

隣接面の虫歯治療(インレー修復ではなくコンポジットレジン充填での対応)

通常、隣接面にカリエスが存在する場合、多くの歯科医院ではインレー形成を行い、メタルインレーを装着することになります。もちろん自費でダイレクトボンディングをされている先生もたくさんいらっしゃると思います。患者様の中には「説明がないまま金属の詰め物を入れられた」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。また...

もっと見る

隣接面カリエスへの対応(インレー修復の前処置)

カリエスが大きく隣接面のエナメル質がすでに壊れている場合には、間接法のインレー修復で対応しています。その前処置としてカリエスを除去して神経に近い部分はフロアブルレジンで充填します。その後、インレー形成を行い、印象採得へと進みます。修復治療では、できるだけ天然歯の構造を模倣して、エナメル質の代わりにセ...

もっと見る

コンポジットレジンの2次カリエス 右上6番近心

不適合な充填物の下は、二次カリエスになっていることがよくあります。一見、問題なさそうに見えますが、レントゲンでわずかな透過像を認め、視診でも中がわずかに黒く見えました。右上6番のコンポジットレジンの下が大きなカリエスになっていましたが、隣接面を壊すことなく頬側から直視でアプローチして再度コンポジット...

もっと見る

コンポジットレジンの下の二次カリエス 左上7番

不適合な充填物の下は、二次カリエスになっていることがよくあります。今回は、左上7番のコンポジットレジンの下が大きなカリエスになってしまっていました。見えにくいところですが、患者さんに思いっきり右を向いて頂き、ほとんど直視で処置を行いました。歯肉縁下までカリエスが進んでしまっている部分の歯肉を半導体レ...

もっと見る

  • ページトップへ戻る