症例7 歯科用顕微鏡によって的確な診断ができた症例

友和デンタルクリニックでの虫歯治療の症例をご紹介いたします。(他の症例を見たい方はこちら

一見なんともなさそうな状態でしたが高倍率のルーペや歯科用顕微鏡で確認すると隣接面に虫歯を発見いたしました。当院では、虫歯の治療を行うか経過観察とするかの判断を歯科用顕微鏡を使って判断しております。これにより的確な治療を選択することができます。

虫歯治療の流れ

STEP1 術前

術前。肉眼ではわかりませんが、歯科用顕微鏡で確認すると隣接面に虫歯があります。

STEP2 最小限に削る

歯科用顕微鏡を使いながら歯を少しずつ削っていきます。

STEP3 状態確認

隣接面に大きな虫歯を確認することができました。

STEP4 虫歯の除去

虫歯を除去していくために虫歯の染色液塗布し確認します。神経が感染しないようにするためにラバーダムを用います。

STEP5 神経の封鎖

接着力の強い樹脂(コンポジットレジン)で神経の近くを隙間なく封鎖します。

STEP5 レントゲン

術前(左)と術後(右)。虫歯のなかった隣の歯を削ることなく治療することができました。

虫歯でお悩みの方は、当院(03-3987-4418)までお気軽にどうぞ!

当院の治療が正確で精密なワケ

丈夫で長持ちする歯を作ります

あなたの歯のお悩みは何ですか?

歯に関するお悩み・トラブルは放っておかずに今すぐ確認しましょう!

  • ページトップへ戻る