治療メニュー

治療内容 あなたの歯のお悩みは何ですか?

神経を残す治療で歯の寿命を長くする

ズキズキする痛みがないのに歯科で「神経を抜くしかない」と言われて驚いたことはありませんか?
虫歯を削り、歯髄(神経)が露出するほど大きい虫歯の場合、従来の治療では歯の神経を抜く選択をするのが一般的でした。
露出した歯髄(神経)は、細菌に触れると歯髄炎を引き起こし、痛みが出る可能性が高いためです。
しかし神経を取った歯は弱くなり、歯の寿命が短くなってしまいます…。
歯の神経を抜かずに治療できれば、歯の寿命を長くすることが可能なのです!
⇒神経を残す治療の詳細はコチラ

痛くない虫歯治療

虫歯治療は、痛みを感じずに終えられることがほとんどです。
痛くなく局所麻酔を行い、麻酔がしっかりと効いている状態で虫歯治療を行えば痛みを感じません。
当院では、強力な表面麻酔を使用し、粘膜の抵抗力を利用した麻酔針の刺入方法により、針を刺した感覚もないまま局所麻酔を行うことが可能です。
治療を始めてから麻酔を追加すると痛みを感じやすくなるので、時間をかけて最初からしっかりと麻酔を効かせます。
痛いまま虫歯治療を進めることはありませんので、ご安心下さい。
⇒痛くない虫歯治療の詳細はコチラ

口臭原因は歯周病重度かも?

口が臭いと周りに指摘されたり、歯磨きのたびに歯茎から出血して困っていませんか?
口臭の原因は様々ですが、原因として1番考えられるものが歯周病(歯槽膿漏、歯周炎)です。
歯周病は、歯と歯茎の間に歯垢(プラーク)が溜まっていき、歯垢の中の細菌が歯肉に炎症を引き起こす病気です。細菌にも種類がありますが、歯周病の原因となる細菌は強い臭いを放ちます。
これは卵や玉ねぎが腐ったときに発生するガスと同じような臭いです。
ご自身の口臭には気付きにくいですが、人に指摘されるほどの口臭というのは歯周病の可能性が高いのです!
⇒歯周病重度治療の詳細はコチラ

歯周病軽度・歯肉炎

歯磨きの際に歯ブラシに血がつく方は、歯科医院を受診されることをお勧めします。
歯肉からの出血は歯周病の初期症状です。歯周病の悪玉菌は、血の中に含まれる鉄の成分を栄養として増殖します。
歯茎からの出血を抑えることは、歯周病治療の基本です。まずは、歯科医院を受診して歯科衛生士から歯ブラシ指導を受け、歯のクリーニングと歯石除去をしてもらいましょう。
⇒歯茎腫れ歯肉炎治療の詳細はコチラ

歯周ポケットで歯周病セルフチェック

現在日本では35歳~59歳の約7割の方が歯周病と言われています。(2016年厚生労働省実施「歯科疾患実態調査」より)
歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま進行するサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれることもある病気です。重度の歯周病まで進行する前に歯科医院を受診しませんか?
ご自身では自分が歯周病かどうか判断しかねる方も多いと思います。
まずはチェックシートに当てはまるものがあるかご自身でセルフチェックしてみましょう!
⇒歯周病セルフチェックの詳細はコチラ

歯石取り・歯石除去 歯のクリーニング

毎日歯磨きをしているのに虫歯や歯周病だと言われたことありませんか?
ある時、歯磨きをしっかりとしているにもかかわらず虫歯や歯周病になってしまったと当院を受診された方がいました。
虫歯や歯周病にならないためには歯のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者様一人一人の虫歯のリスクを把握して行うメインテナンスがとても重要になります。
せっかくご自身で歯のお手入れを頑張っているのに虫歯や歯周病になるのは嫌ですよね?
そこで当院では歯科衛生士による歯石取り・歯石除去・歯のクリーニングを行っています。
⇒歯のクリーニングの詳細はコチラ

歯科が怖いところだと思ってませんか?

歯科が怖いところだと思ってませんか?
小さな頃に歯科で身体を押さえつけられたり、痛かったら手を挙げてと言われて挙げたのにそのまま治療を続けられたり...
歯科がトラウマになっている方は多いと思います。実際に当院にいらっしゃる患者様にも歯科治療にトラウマをもたれている方が来院されています。インターネットで痛くない治療で検索されたり、当院の患者様からのご紹介で痛くない治療をしてほしいといらっしゃる方が多いです。
友和デンタルクリニックではご希望される患者様には強力表面麻酔を使うなど無痛治療を行っております。
⇒痛くない治療の詳細はコチラ

PMTC

虫歯や歯周病にならないためには歯のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者様一人一人の虫歯のリスクを把握して行うメインテナンスがとても重要になります。
せっかくご自身で歯のお手入れを頑張っているのに虫歯になるのはもったいないですよね?
そこで当院ではPMTCを行っています。
⇒PMTCの詳細はコチラ

歯のホワイトニング

毎日歯磨きをしているのに歯が黄色いと指摘されて悩まれていませんか?
当院にも歯が黄色く見えることに悩まれて来院される方が多くいらっしゃいます。
なぜ歯が黄色く見えるのでしょうか?
まず、日本人の歯は欧米人に比べて表面のエナメル質が薄いため、下の象牙質の色が透けて黄色く見えやすいと言われています。
そこに嗜好品等の着色によって、さらに歯が黄色くなっていくのです。その他の原因とは?
⇒歯のホワイトニングの詳細はコチラ

ウォーキングブリーチ

神経のない歯が黒く見えると指摘されて悩まれたことはありませんか?
芸能人でも1本だけ前歯が黒い方を見たことがあるのではないでしょうか。
特に前歯では変色した歯が目立ってしまい、悩まれている方も多いと思います。
これは歯の中の神経が死に、血液供給が遮断されることで歯の内部が徐々に変色していくことが原因で起こります。
1本だけ歯が黒いのは目立ってしまい、気になりますよね?
そんなあなたにおすすめしたいのがウォーキングブリーチです。
⇒ウォーキングブリーチ治療の詳細はコチラ

友和デンタルクリニックへの地図

〒171−0022 東京都豊島区南池袋2-17-1第3岩田ビル2F
「池袋駅」東口徒歩4分 または39番出口から徒歩2分
TEL:03-3987-4418

診療時間

月~金曜 10:00~14:00
     15:00~18:00(最終受付17:00)
土曜   10:00~13:00
     14:30~17:30
※現在、土曜日の診療予約が大変混み合っているため、初診で土曜日のみで治療をご希望の初診の患者様の予約をお受けすることができません。 質の高い治療を維持するため、ご理解の程よろしくお願いいたします。